妊娠中のシミと肝斑の見分け方と対策

妊娠中のシミと肝斑の見分け方と対策 妊娠中の美白の悩みといえば紫外線によるシミとホルモンバランスの乱れによってできる肝斑の2つです。同時にできるケースも多いですよね。


妊娠中は黄体ホルモンという女性ホルモンが増えることで体内のホルモンバランスが大きく乱れます。そのため肝斑という両頬の広い範囲に 刷毛でサッと塗ったような色ムラができます。妊婦さんの7割にできるみたいです。


黄体ホルモンはそれ以外にも紫外線の感受性を高めてしまうこともあって妊娠中の肌は紫外線の影響を受けやすくなるのでメラニンがつくられやすくなります。 その結果、紫外線によるシミもできやすくなってしまうんです。


ということで妊娠中はシミと肝斑の2つに悩まされることになります。この2つは両方とも頬の高い部分にできるということで区別がつかないという人がいます。 それこそ頬にできたシミは肝斑だと思っている人がいるぐらいなんですが、それは大きな間違いです。


シミと肝斑の大きな違いは、肝斑は両方の頬に同じような形のモヤッとした色ムラができます。 ホルモンバランスの乱れによるものですから妊娠中にできないように予防するというのは無理です。できることは悪化させないことぐらい。


一方のシミというのは頬にポツンと黒い点ができる感じです。こちらは日焼け止めをすることで予防はできますが、妊娠中はちょっとした油断が命取りになります。 肌を擦る摩擦や紫外線で悪化してしまうということは共通しています。

シミと肝斑の美白ケアとレーザー治療&飲み薬

シミと肝斑の美白ケアとレーザー治療&飲み薬

妊娠中にできたシミや肝斑については美白コスメでのスキンケアが有効です。とはいえお手入れの最中に肌を擦ってしまっては逆効果です。 極力肌に刺激を与えないようにとにかくやさしくケアするようにしてください。


スキンケア以外の対策としては濃くなってしまったシミに対してはレーザー治療という手段がありますが、肝斑はレーザー照射後の炎症の影響を受けてむしろ悪化することのほうが多いということでレーザーは使えません。


また、飲む美白(=インナーケア)がほとんど期待できないシミに対して肝斑はトランシーノという飲み薬が効果があるということは有名です。


妊娠中にできやすいシミと肝斑ですが、ご紹介したように対策方法にはそれぞれ違いがあるので2つを混同しないことが大切です。


シミなのか肝斑なのか、それとも2つが混合している状態なのか、自分でどうにもわからない場合は皮膚科に行ったほうがいいかもしれません。勝手に自己判断しておかしなことをして悪化させると大変ですから。


妊娠中に使える美白コスメを特集! 詳細はコチラ
Copyright © 2014 妊娠中のシミ美白はこれで決まり!~肌にやさしい美白コスメ特集· All Rights Reserved·