ホルモンバランスで肌の調子が左右されるワケ

ホルモンバランスで肌の調子が左右されるワケ 妊娠中、それから産後というのは急激に女性ホルモンの量が増えたり、逆に急激に減ったりするのでその影響をうけて髪や肌、あるいは気分的なものもかなり影響を受けます。


また、妊娠中ほどではないにしろ生理前などもホルモンバランスが大きく変化するのでその影響で肌荒れしたり、ニキビができたり、乾燥したりと肌状態の変化を感じるはずです。


黄体ホルモンが増える生理前は肌トラブルが頻発しますし、卵胞ホルモンが増える生理後の肌は絶好調で化粧ノリもいいといったことは女性であれば誰もが感覚としてわかっていることだと思います。


ただ、そうしたホルモンバランスの変化にあわせてスキンケアを微調整しているかというとなかなかそこまで徹底している人はいないのではないかと思います。 一時的なものだからと肌にピリピリした刺激があるけれど我慢してスキンケアしている人もいるかもしれません。


しかし、そうした無神経なお手入れをしていると肌のバリア機能は荒れる一方ですし、肌内部の炎症がおこったり、紫外線の影響を受けやすくなっているのを放置したりと 過剰なメラニン生成の原因になってシミやそばかすを作ってしまう要因にもなりかねないんですね。


覚えておきたいということは黄体ホルモンが肌の調子やむくみやイライラの原因になっているということです。紫外線の感受性を高めてしまいますし、 皮脂分泌を増やしてニキビの原因にもなります。肌に不調をもたらすホルモンだということは覚えておくといいと思います。

ピルを飲むことでシミができやすくなる!?

ピルを飲むことでシミができやすくなる!?

あまりにも生理前の肌荒れやニキビがひどいとか、生活するのに支障をきたすほどPMSの症状がひどいということになるとそれらの症状を緩和するため 低用量ピルを利用したほうがいいというケースもあります。


避妊のために飲んでいる人もいるとは思いますが、PMSの症状の緩和のために飲んでいる人のほうが多いような気がしますけれどいかがでしょうか?


このピルなんですが、服用している最中はシミができやすくなります。ピルの副作用としてシミや肝斑ができるという話は聞いたことがある人もいるのではないかと思いますが、実際その通りです。


ピルを飲むことで黄体ホルモンを人工的に優位な状態にして偽りの妊娠状態を作って排卵を止めるのがピルの働きなので、 妊娠中に肝斑ができたり、紫外線に弱くなってシミができやすくなるようにピルを飲んでいるときもシミや肝斑ができやすくなるんです。


避妊であったり、PMSの緩和などプラスの作用があるピルですがシミや肝斑、場合によって肌荒れやニキビも悪化するという可能性があることは覚えておくといいと思います。


イソフラボンやザクロといったものを摂取することで女性ホルモンが安定して肌もキレイになるという話はよく聞きますが、 正直気休め程度なのかな?という気がします。いずれにせよピルを服用するのであればシミはできやすくなるので紫外線対策はしっかり行うようにしましょう。


妊娠中の敏感&不安定な肌に使える美白コスメ 詳細はコチラ
Copyright © 2014 妊娠中のシミ美白はこれで決まり!~肌にやさしい美白コスメ特集· All Rights Reserved·