ビタミンCで紫外線に負けない肌体質をつくる!

ビタミンCで紫外線に負けない肌体質をつくる! 妊娠中は紫外線の影響を受けやすくなってしまうのでUVケアは欠かせません。そんな体の外側からのスキンケアと一緒にやっておきたいのが体の内側からのインナーケア。


紫外線の影響を受けにくい肌体質をつくるということです。そんなことできるの?ということですが、できます。必要になるのはビタミンCです。


ビタミンCは美白成分としても美白コスメに配合されていることが多いものですが、食べたり飲んだりすることで体の内側からも美白することができます。


正確にいうとビタミンCには抗酸化作用があるので紫外線によって増える活性酸素(=シミの原因のひとつ)を除去することができるんですね。


というわけで、日差しが強く紫外線量が多い春夏のシーズンや山や海へ行く前にはその2週間前ぐらいからビタミンCを摂取しておくとシミ予防になるといわれています。 そう考えると妊娠中はずっと飲んでいたほうがいいでしょうね。


妊娠中にたくさんビタミンCを飲んで大丈夫なのか?と疑問や不安がある方も多いと思いますが、ビタミンCはむしろ妊娠中はたくさん摂取しないといけないといわれています。 母体のストレスを緩和したり、風邪を予防したり、胎児の脳や血管、骨を作るのに不可欠な成分だからです。


ビタミンAと違ってビタミンCは過剰摂取による副作用はないのでどんどん摂取して欲しいと思います。

妊娠中のビタミンC摂取はハーブティーがおすすめ!

妊娠中のビタミンC摂取はハーブティーがおすすめ!

ブロッコリーやグレープフルーツ、パプリカなどのたっぷりのビタミンCを含む野菜や果物を食べるというのが一番いいビタミンCの摂取方法ですが、 妊娠中はつわりだとか食べ物の好みの変化などあって思ったように食事できないことがあります。


じゃ、サプリメントがいいか?というとその通りなんですが、なるべく食品などから天然のビタミンCを取りたいんですね。 妊娠中に必要なのはビタミンCだけではないので他の栄養素を摂取できることを考えるとそれが一番です。


サプリも食品もダメとなったらどうするの?という疑問に答えてくれるのがハーブティーです。ノンカフェインで鉄分の吸収を妨げるタンニンが少ないものを考えると「ルイボスティー」「ローズヒップティー」がおすすめです。


ローズヒップティーなどはビタミンCが豊富ということで美白したい人が好んで飲むハーブティーの定番です。 ルイボスティーは妊娠中に必要な栄養素をすべて一度に摂れる万能茶という感じです。


両方とも味はあまりおいしくないのが玉にキズなんですが、手軽に天然のビタミンCやその他のビタミンやミネラルを安全に摂取できるということを考えると 妊娠中にはかなり重宝するものになるのではないかと思います。


スキンケアも忘れずに! 妊娠中に使える美白コスメはコチラ
Copyright © 2014 妊娠中のシミ美白はこれで決まり!~肌にやさしい美白コスメ特集· All Rights Reserved·